« CP+2011 | Main | 二河白道をわたる »

東寺の兜跋毘沙門天立像に会う

8月13日、たまたま時間が空いたので、東京国立博物館で開催中の空海と密教美術展に行ってみた。

密教美術は、日本美術史上重要な位置を占めるが、造形が異様でかつ難解。背景には、密教自体がわかりにくいからだ。

それはともかく、平成館へ。土曜日は18時まで開館だから、時代は変わったものだ。

そこで、久しぶりにお会いしたのが、東寺の兜跋毘沙門天立像。これほどお近くで見られることはそうない。

中央アジア風の鎧をまとい、地天女らに支えられて、地中から湧き出した様子だというお姿は、男前だし圧倒的だ。
久しぶりに見ると、彫りは鋭く、目には輝石が入るから、威圧感がある。

さらに軽く右に腰をひねって立つ姿は、硬さから躍動感、リズム感を産んでいる。
東寺の兜跋毘沙門天立像は、この系統で一番スグレモノだ。

空海と密教美術の見物は、東寺講堂から主な像を持ってきたこと。それを上からはもちろん、360度見られることだ。
普段は、遠くから礼拝するだけだが、お姿がほぼ等身大だったことはよくわかる。

数としては少ないが、名品揃い。大半は一度は目にしているものだけど。
見方がだんだんポートレート撮影の目になってるかなあ(^-^;

|

« CP+2011 | Main | 二河白道をわたる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東寺の兜跋毘沙門天立像に会う:

« CP+2011 | Main | 二河白道をわたる »