« 部分月食 | Main | 臼井イベント »

東大寺三月堂

 東京駅には6時過ぎに到着。駅弁も納品が忙しそう。サンドイッチとビールを購入し、始発ののぞみを待つことに。

 JR東海が元旦のみ有効の新春のぞみグリーン日帰りきっぷを発売していた。久しぶりに大阪へ行きたくなって東京・新大阪券を購入。そのあと、久しぶりに東大寺三月堂(法華堂)の不空羂索観音像に会いたくなって、遠回りだけど、新大阪から難波へ回って近鉄奈良線で奈良へ行くことに。

 N700系のグリーン車は座席が広くて、電源があるから携帯の充電をしていた。新横浜まではがらがら。品川駅を出ると初日の出が見えてきた。ビールでサンドイッチを流し込むが、まだ酒とつまみが胃に残っている感じ。右手前方に富士山がみえてきた。いい気分になってうつらうつらしていると、浜松は厚い雲。さらに名古屋に近づくと一面の銀世界。名古屋は5分遅れ。名古屋を出発すると、速度が急に遅くなった。また寝て目が覚めるとすでに滋賀。こちらはいい天気。京都に到着するが、すでに30分以上遅れている。ドアが閉まってもなかなか出発しない。結局、新大阪着が50分遅れとなった。これなら京都までのチケットにしておけば良かった。。。

 難波から奈良まで急行に乗り、近鉄奈良駅に到着したのが11時。予定よりかなり遅れている。バスに乗ろうかと思ったけど、春日大社へお参りへ向かう人の群れに流されて、そのまま歩く。春日大社で並ぶのはイヤだから、そのまま東大寺へ。まず手向八幡神社へ。その隣が東大寺三月堂。

 かつては下足であがれたと思ったけど、今は靴を脱いで参拝。堂内は暗く、しかもしんしんと冷えている。観音様は8本の腕を持つ異形だけど、どんな人でも救うという羂索を手にしている。しかも胸元で合掌する手には宝珠を抱えている。これはかなりコアな人間しか知らなかったのが、最近は寺でその宝珠を模したお守りまで用意していた。

 さらに隣の二月堂へ。ここは無料で参拝できるから人がかなり多い。こちらは十一面観音がご本尊。秘仏だけどご本影を分けてもらう。木版で来迎する姿。かなり高いところにあり、見晴らしがいい。奈良市街地とその向こうの生駒山地がよく見える。

 東大寺大仏殿を横目でみながら境内を抜け、奈良国立博物館をとおり過ぎ、興福寺へ。東金堂の前はかなり広い空間だったのが、中金堂の再建工事を始めている。南円堂をお参りしようかと思ったら長蛇の列。さらに開門していないので、猿沢池へ。

 そこからならまちを彷徨う。庚申様はどこだっけと思いながらうろつく。ようやく発見。さらにならまち資料館へ。身代わり庚申さんを分けてもらう。新春だけ古銭付きだという。

 近鉄奈良駅に戻ると14時過ぎ。特急に乗れば良かったけど、14時30分の急行に乗って鶴橋には15時過ぎに到着。焼肉を食べたかったけど、時間切れ。新大阪16時過ぎののぞみに乗って帰路へ。駅弁にビールを購入。今日はろくなモノを食べていない感じがする。でも、グリーン車は快適だなあ。

 帰りも雪の影響で30分遅れで到着。

|

« 部分月食 | Main | 臼井イベント »

「旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95821/47269835

Listed below are links to weblogs that reference 東大寺三月堂:

« 部分月食 | Main | 臼井イベント »