« 国学を学ぶのは楽しい | Main | クリスタルクララ »

越谷サンシティ30周年イベント

 電車に乗ろうとしたら、約束がキャンセルに。まあ、こんなこともある。

 天気もいいけど、越谷サンシティ30周年記念イベントで、野沢香織さんの二胡コンサートがあるという。いつのまにか武蔵野線が開通し、新越谷駅が東武線にできた。それまで工場地帯だったところが工場が移転し、更地にダイエーと中心としたショッピングモールができた。それが高校生のとき。

 1979年開設に当たって、この愛称を公募し始めた。これより1978年に池袋にできた「サンシャイン60」の好イメージが左右したためか、ここの名称も「越谷サンシティ」に決定したのを知って、なんと安易なと当時思っていた。

 すでに30年を経過し、越谷サンシティ以外はほとんど何もなかったが、今では店舗がひしめいている。さすがに隣駅に越谷レイクタウンができてしまい、集客力は落ちているようだけど、JRと東武伊勢崎線の乗換駅だけに人は多いけど。

090620_121223  会場へ到着。マクドナルド前のすり鉢状になった広場にいすが並んでいる。どうやらマクドナルド前の少し高くなったところを舞台にするらしい。本当なら、舞台の背景にパネルでも置けばさまになるのだろうけど、店の看板が見えなくなるからNGらしい。陽向で直射日光にさらされているイスには観客がちらほら。知った顔に遭遇。一番日当たりのいい前の席に座る。

 しばらくすると、野沢香苗さんが登場。色白で背が高く、足もほっそりとしている。あいさつも、MCもすべて日本語。曲は、オリジナルやポップスなどで、伝統的な中国民楽はなし。背が高いから、指も長いようですいすいと演奏する。場所も仮に急ごしらえの舞台だけに、周りで人が歩き回るし、子供は大騒ぎ。舞台に乱入しそうになる子供もかなりいる。演奏中は立ち見の客も多くいたようだ。

 30分ほどの演奏が終わると、CDの即売会兼サイン会が始める。購入する客は多くないので、デビューアルバムをお買い上げ。しばらく、店舗内を見学したあと、香港亭でビール・つまみが半額ということで時間つぶし。

 第2部のステージ。MCも曲も変えてきている。昼下がりということで、近所の悪ガキが舞台横に陣取って、見ているのか、聞いているのかわからないような態度の悪さをさらしている。そんな連中にも。舞台を動き回って近くで演奏する。いい音で、すっかり眠くなる。

 演奏中は、ときおり風が抜けていくけど、直射日光は相変わらず強い。たまに雲に隠れるが、その時間はほんのわずか。私は、扇子で顔を隠し、さらにサングラス。それでも、初めて着た半袖のおかげで、顔の一部と腕が真っ赤に腫れ上がってしまった。痛いし、みっともないなあ。

 この様子の写真が、野沢さんのブログに写真入りで掲載。子供が接近して二胡の演奏を見ていたものだけど、この場面がいいなあ、写真に撮りたいと思ったものだけど、やっぱり同じか。。。

http://nozawakanae.jugem.jp/?eid=1061#comments

|

« 国学を学ぶのは楽しい | Main | クリスタルクララ »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95821/45404154

Listed below are links to weblogs that reference 越谷サンシティ30周年イベント:

« 国学を学ぶのは楽しい | Main | クリスタルクララ »