« 1万回演奏したい | Main | 油燙鴨にファンの群れ »

ライブ・アースに参加へ

 今日は仕事のイベント第1日目。スタッフはいないし、高齢化もしていて、少々手抜きになってきた。心配していた天気はよく、そこそこの来場者だったから、まあ成功かな。とはいえ、今日ご出発の女子十二楽坊見面会ツアーに参加できなかったのは、このためだ。

 女子十二楽坊は、再び上海へ。楽坊は7月7日に開催されるライブ・アース上海に登場することが公表された。

12 Girls Band Will Play at Al Gore's Live Earth   
05/29/2007 01:07AM
Contributed by: WMC_News_Dept. New York (NY), USA

12 Girls Band are confirmed to join the superstar international lineup for Al Gore's Live Earth concerts on July 7th. The chart-topping Chinese ensemble, who fuse traditional Chinese folk instruments like the erhu and pipa with a contemporary repertoire will be headlining the Live Earth concert in Shanghai.

The Live Earth shows on July 7, 2007, - from the U.K., U.S., Brazil, China, Australia, South Africa, Japan, and Germany - are billed as "The Concerts for a Climate in Crisis" and are a global event to draw attention to the environmental concerns that have been Gore's focus for many years. Each concert is a star-studded lineup of musicians: the U.S. concert features The Police, John Mayer, Kanye West, Kelly Clarkson, Bon Jovi, LUdacris and others, and the U.K. concerts will include Red Hot Chili Peppers, Madonna, and Black Eyed Peas.(以下略)

http://www.worldmusiccentral.org/article.php/12_girls_band_live_from_shanghai

   女子十二楽坊ライブ・アースに参加(抄訳)

 世界的なスーパースターがラインナップし、7月7日に開催するアル・ゴア提唱のライブ・アースに女子十二楽坊が参加することが公表された。二胡や琵琶などの中国民族楽器で現代音楽を演奏し、売り上げチャートのトップに君臨するこのバンドが、上海のライブ・アースに登場する。

 ライブ・アースコンサートは2007年7月7日に英国、アメリカ、ブラジル、中国、オーストラリア、南アフリカ、日本、ドイツで開催する、「地球温暖化を訴えるコンサート」であり、多年にわたりゴアが提唱した環境問題の世界的なイベントである。いずれのコンサートも有名なスター音楽家の出演が予定される。 米国コンサートはポリス、ジョン・マイヤー、カンエウェステン、ケリー・クラークソン、ボンジョヴィ、LUダクライスなど、またイギリスのコンサートはレッドホット・チリペッパーズ、マドンナ、およびブラック・アイズド ピアーズなどだ。

 ライブ・アースは、世界7都市で2007年7月7日に同日開催される、地球温暖化防止を訴える世界規模コンサートだ。このイベントは日本でも開催されるが、開催地は千葉の幕張メッセと京都の東寺に決定している。この日本イベントには、坂本龍一がYMOを1日限定結成するということで話題になっているものだ。

http://natalie.mu/news/show/id/1895

 この上海イベントに、女子十二楽坊が登場するという。東京をのぞく6都市は同時開催だというから、上海イベントは深夜になるかもしれない。多分、楽坊の出演者数曲になるんじゃないかなあ。これに参加するということは、6月のカナダ行きは多分2週間前後とかなり短縮されるのだろう。まあ、10月に残酷北米ツアー2007が控えているからなあ。

 アル・ゴア元米国副大統領は、映画「不都合な真実」の作者として知られる。基本的に、地球温暖化は急速に進行しているし、事実異常気象と思われる天候がしばしば発生する。それが地球の歴史の進行からみて急速すぎることが問題なのだろう。「不都合な真実」は、民主党出身のアル・ゴアが、共和党で地球環境より企業保護を優先させる現ブッシュ大統領に対するアンチテーゼということもある。共和党のA・シュワルツネガーカリフォルニア州知事が、再選にあたり、環境保護を訴えざるを得なかったというのも皮肉なものだ。ただアル・ゴアが「不都合」で書けなかった真実もあるかもしれない。これはニュースを読むときの注意事項になるだろう。

|

« 1万回演奏したい | Main | 油燙鴨にファンの群れ »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.